モメンタム

デュアルモメンタムは死んだ!?確定拠出年金で検証

投稿日:2018年12月8日 更新日:

前回の記事でデュアルモメンタムをご紹介しましたが、採用するには税金や手数料の問題があるということでした。

バイ・アンド・ホールドに比べて、モメンタム投資が手間がかかる上に税金や手数料の問題でパフォーマンスが悪いのであれば導入する理由はなくなってしまいます。

そこで、保持する資産を切り替える際に、税金のかからない確定拠出年金で導入を検討してみました。

私の勤め先では野村證券の確定拠出年金を利用しています。個人的にiDECOを利用するなら、SBIか楽天を使いたいのですが、まぁこればっかりは私が選べることではありませんので…

使用する投資信託を選ぶ

それでは早速、デュアルモメンタムに適用できそうな投資信託を選んでみましょう。株式インデックスの投資信託は以下の3つしかありませんでした。

1.野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX
2.野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI
3.野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)

ちなみに手数料はそれぞれ、1.0.2%程度、2.0.27%程度、3.0.6%程度でした。

シミュレーションしてみる

新興国も捨てがたいのですが、いかんせん手数料が高いので、1.と2.と現金でデュアルモメンタムの検証をしてみます。

なお、前回も使用しましたが、今回もPORTFOLIO VISUALIZER(https://www.portfoliovisualizer.com/)を使用します。

1.はTOPIX連動なのでEWJで代用、2.はMSCI-KOKUSAI連動なのでTOKで代用し、ルックバック期間は12ヶ月、確認頻度は1ヶ月とします。

デュアルモメンタムのパフォーマンス
デュアルモメンタムのパフォーマンス(グラフ)

青:Timing PortfolioがTOKとEWJのデュアルモメンタム(ルックバック12ヶ月、毎月判定)赤:Equal Weight PortfolioがTOKとEWJのバイ・アンド・ホールド黄:TOKの値動き

デュアルモメンタムは死んだ!?

TOKにも、TOK50%とEWJ50%にも負けている…

前回の検証の通り、過去に良い結果を残した戦略であることは間違いありませんが、リーマンショック後の2009年から2018年までの期間だと、デュアルモメンタムのパフォーマンスは良くないですね…

この期間は大暴落がなかった為に、絶対モメンタムで差をつけることができず、短期的な調整に反応して上昇部分を取り逃がしています。

まとめ

うーん…2009年以降の相場が良すぎて参考にならないというのが正直なところでしょうか。

これから1~2年で景気は後退するといわれています。大きな暴落があるのであれば、過去のシミュレーションと同様に良い結果を出す可能性がありますが、短期的な調整で終わってしまうのであれば、2009年以降のようなパフォーマンスで終わる可能性もあります。

デュアルモメンタムが本当に死んでしまったのか、私はもう少し検証をして考えてみようと思います。

※投資は自己責任です。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

-モメンタム
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

確定拠出年金版・モメンタム投資にも分散は有効?

先日、モメンタム投資での分散効果について確認しました。 加速デュアルモメンタムでもオリジナルのデュアルモメンタムでも分散することで少しはリスクを減少させられそうという結果でした。 せっかくなので弊社の …

2019年6月/確定拠出年金で加速デュアルモメンタム!モメンタム判定

さて判定日の月半ばになりましたので、6/14の実績でモメンタムの判定を行いました。 先月から加速デュアルモメンタムを採用していますので、過去1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月のモメンタムを計測します。 早速見てい …

2019年7月/確定拠出年金で加速デュアルモメンタム!モメンタム判定

7月も半分終わってしまいました…7/16実績でのモメンタム計測です。 早速みていきましょう。 目次1 モメンタム判定(2019/7/16)2 昨年末からのパフォーマンス 3 まとめ モメン …

モメンタム投資では投資信託の手続きの遅さが致命的?

先日(2019/2/18)、確定拠出年金のデュアルモメンタムで、野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAIのモメンタムが復活していたことから、りそなフリーポケット401kからの切り …

加速デュアルモメンタムのルックバック期間について再考する

前回、避難先について再考しました。 今回はルックバック期間について再考してみようと思います。 目次1 Portfolio Visualizerで調べてみた2 実際に使用する投資信託で検証してみる3 ま …

にほんブログ村 株ブログバナー

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村 サラリーマン投資家バナー

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

Twitter でフォロー