モメンタム

検証!Accelerating Dual Momentum~モメンタムは加速する~

投稿日:2019年5月11日 更新日:

いろいろと記事にしたいことはあるのですが、Accelerating Dual Momentumが気になったので少し調べてみました。

Accelerating Dual Momentumとは 

Accelerating Dual Momentumとはなんでしょうか?

TwitterでQDMさんが紹介していたものですが、モメンタム投資の一種のようです。

具体的にはS&P 500と小型株を対象として、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月のモメンタムを計測し、負のモメンタムでなければモメンタムの大きなほうを、どちらも負のモメンタムの場合には長期債を保有します。

デュアルモメンタムの亜種のような存在かと思いますが、モメンタムの計測期間が異なるほかに、負のモメンタムの場合に保有する資産が短期債でないところも大きな違いかと思います。

ネットで拾った画像ですが、図にするとこんな感じです。

Accelerating Dual Momentumの運用方法
Accelerating Dual Momentumの運用方法

オリジナルとの比較

オリジナルのDual Momentumと投資対象が異なりますが、一先ず並べて比べてみました。

バックテストに使用したのは以下の投資信託です。

  • VFINX(青:S&P 500)
  • VINEX(橙:米国以外の小型株)
  • VUSTX(ピンク:長期債*)
  • VBMFX(薄緑:短期債)

*一般的にデュレーションが5年以上の債券が「長期債」とされています。VUSTXはデュレーション17年の”超”長期債という扱いかと思いますが、今回はITバブルとリーマンショックを含むなるべく長い期間のバックテストを行う為に採用しました。

オリジナルのDual Momentum(赤:ODM)は、VFINXとVINEXの12ヶ月のモメンタムを比較し、どちらも負の場合はVBMFXを保有します。

Accelerating Dual Momentum(緑:ADM)は、VFINXとVINEXの1,3,6ヶ月のモメンタムを計測し比較、どちらも負の場合にはVUSTXを保有します。

オリジナルとAcceleratingの比較グラフ
オリジナルとAcceleratingの比較グラフ

どちらもVFINXにも、VINEXにも勝っているのですが、Accelerating Dual Momentumはオリジナルが苦戦した2010年代にもVFINXを上回っている(手数料、税金を考慮するとVFINXを下回る可能性がありますが)のが特徴的かと思います。  

ちなみに2010年~2019年4月までだとこんな感じです。

オリジナルとAcceleratingの比較グラフ(2010年~2019年)
オリジナルとAcceleratingの比較グラフ(2010年~2019年)

なお、VINEXが1997年以降のデータなのでPortfolio Visualizerでは1998年からのバックテストしかできませんでしたが、150年遡ったバックテストの結果でもオリジナルを上回ったそうです。

ただし、私の確定拠出年金ではS&P 500も小型株も使えませんので、別の方法を考える必要があります。

S&P 500と小型株の代替案

私の確定拠出年金で使用できるのは以下の投資信託になります。

  1. 野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX
  2. 野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI
  3. 野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)
  4. 野村DC外国債券インデックスファンド

1~3は現在デュアルモメンタムで使用している投資信託です。

S&P 500(VFINX)に相当するものはありませんので、引き続きMSCI-KOKUSAIをベースにすることになります。

さて、小型株の代わりに何を採用するか?というところですが、TOPIXか新興国のどちらがよいでしょうか?

どちらを採用しても良いとは思うのですが、より広く分散するという意味で今回は新興国を採用してみようと思います。

では、避難先はどうしましょうか?

4の野村DC外国債券インデックスファンドに関しては、デュアルモメンタムでも採用を検討しました。

しかしデュレーションが7年程度とデュアルモメンタムで使用する避難先である「短期債」には適さないという判断で使用を見送った投資信託です。

というわけで現在私はデュアルモメンタムの避難先として現金を採用していますが、Accelerating Dual Momentumでは避難先として長期債を使用しますので、現金ではなく野村DC外国債券インデックスファンドを採用できそうです。

新興国を使ってのバックテスト

さて小型株の代わりに新興国株を採用することにしたわけですが、野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAIと野村DC外国債券インデックスファンドではITバブルとリーマンショックを含む期間のバックテストができません。

というわけでVFINX、VEIEX、VUSTXを使ってバックテストしてみました。

  • Dual Momentum(赤:VFINX, VEIEX, VBMFX)
  • Accelerating Dual Momentum(緑:VFINX, VEIEX, VUSTX)
  • VFINX Buy and Hold(青:S&P 500)
  • VEIEX Buy and Hold(紫:新興国)
  • VUSTX Buy and Hold(ピンク:長期債*)
新興国株を使ってのバックテスト
新興国株を使ってのバックテスト

Dual MomentumもAccelerating Dual Momentumも、ITバブルとリーマンショックを上手く回避しているようにみえますし、リーマンショックまでは同じくらいのパフォーマンスですね。

ちなみに2010年~2019年4月までだとこんな感じです。

新興国株を使ってのバックテスト(2010年~2019年)
新興国株を使ってのバックテスト(2010年~
2019年)

Dual Momentumが苦戦(S&P 500にボロ負け)したリーマンショック以降でも、Accelerating Dual MomentumはS&P 500に迫るパフォーマンスでした。

新興国株というとボラリティが大きなイメージですが、モメンタムを利用した戦略に採用するのに問題はなさそうですね。

実際の運用に近いバックテスト

新興国を採用することは問題なさそうでしたので、実際の運用に近いバックテストをしてみました。

  • Dual Momentum(赤:TOK, VWO, CASH)
  • Accelerating Dual Momentum(緑:TOK, VWO, IEF)
  • TOK Buy and Hold(青:MSCI-KOKUSAI)
  • VWO Buy and Hold(紫:新興国)
  • IEF Buy and Hold(ピンク:7-10y 長期債)
  • CASH Buy and Hold(橙:CASHX)
実際の運用に近いバックテスト
実際の運用に近いバックテスト

2009年以降でしかバックテストができませんが、先程の新興国をつかってのバックテストと同じような形のグラフになりましたね。

MSCI-KOKUSAIがベースになる以上、S&P 500を使用した場合よりパフォーマンスが劣ることが予想されますが、2009年以前のパフォーマンスも似たようなかたちになるのではないでしょうか?

まとめ

ここまでDual MomentumとAccelerating Dual Momentumを比較してみてきましたが、モメンタム投資を採用するうえで私が一番重視したいことは「暴落を回避できるかどうか」です。

どれだけよいパフォーマンスを残しても最後にゼロをかけるとゼロになってしまいます。

大前提として暴落が回避できること、そのうえでよいパフォーマンスを残せることが採用の基準になるのではないでしょうか。

Accelerating Dual Momentumはここ10年くらいの相場に対して過剰適合している可能性があります。

それでもITバブルとリーマンショックという2回の暴落を回避し、そのうえでモメンタム投資が不調だった期間にもよいパフォーマンスを残しました。

私はAccelerating Dual Momentumは採用に値する戦略だと思いますので、次回のモメンタム判定(5月15日)から、野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI、野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)、野村DC外国債券インデックスファンドを利用したAccelerating Dual Momentumを採用してみようと思っています。

QDMさん、Accelerating Dual Momentumという素晴らしいアイデアを教えていただきましてありがとうございました!

※投資は自己責任です。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

-モメンタム
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年6月/確定拠出年金で加速デュアルモメンタム!モメンタム判定

さて判定日の月半ばになりましたので、6/14の実績でモメンタムの判定を行いました。 先月から加速デュアルモメンタムを採用していますので、過去1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月のモメンタムを計測します。 早速見てい …

ペパロニ、加速デュアルモメンタムやめるってよ

まだ年末まで少しありますがモメンタム計測のタイミングになりましたので、2019年の運用成績をまとめてみました。 惨憺たる結果です。笑ってやってください。 目次1 2019年の運用成績2 敗因分析2.0 …

移動平均線とモメンタム

先日、モメンタム投資の大先輩を見つけました。 加速デュアルモメンタムの大先輩いた。知らなかった自分は不勉強が過ぎるな…https://t.co/229mNnYRO8— ペパロニ …

確定拠出年金版・モメンタム投資にも分散は有効?

先日、モメンタム投資での分散効果について確認しました。 加速デュアルモメンタムでもオリジナルのデュアルモメンタムでも分散することで少しはリスクを減少させられそうという結果でした。 せっかくなので弊社の …

2019年10月/確定拠出年金で加速デュアルモメンタム!モメンタム判定

10月も半ばになりましたのでモメンタムを判定しました。 目次1 モメンタム判定(2019/10/15)2 昨年末からのパフォーマンス3 まとめ モメンタム判定(2019/10/15) 各投資信託の価格 …

にほんブログ村 株ブログバナー

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村 サラリーマン投資家バナー

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

Twitter でフォロー