モメンタム

実践!確定拠出年金でデュアルモメンタム!

投稿日:2018年12月27日 更新日:

これまで山崎元さんの「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」を参考に、日本株のインデックス50%+外国株のインデックス50%で確定拠出年金の運用をしてきました。

色々と勉強をしていくなかで少しずつ知識も増えてきましたので、今度はそれを実践に移していこうと思います。

先日記事にしたデュアルモメンタムは魅力的な手法である一方、手数料がかかること、税金の繰り延べができないことが問題点でした。  

ペパロニタイガー
ペパロニタイガー
http://pepperoni-tiger.com/2018/12/08/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A0%E3%81%AF%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A0%EF%BC%81%EF%BC%9F%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E6%8B%A0%E5%87%BA%E5%B9%B4%E9%87%91%E3%81%A7/
迷走する弱小投資家のブログ
ペパロニタイガー
ペパロニタイガー
http://pepperoni-tiger.com/2018/12/09/%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A0%E3%81%AF%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A0%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F%E9%95%B7%E6%9C%9F%E3%81%AE/
迷走する弱小投資家のブログ

確定拠出年金では、商品配分変更やスイッチングに対して手数料や税金がかかりません。

なんだ相性ばっちりじゃないか!ということで早速運用を開始することにしました。

2018年12月時点の確定拠出年金

2018年12月時点の確定拠出年金はこんな感じです。

2018年12月確定拠出年金のポートフォリオ

50%ずつ買い付けて保有していたのですが、外国株式のほうがやや調子がよかったので、2%の誤差がでています。

採用するインデックスファンド(株式)を選ぶ

それではまず、運用するインデックスファンド(株式)を選びます。

過去にもご紹介しましたが、弊社の確定拠出年金のインデックスファンド(株式)は以下の3つです。

  1. 野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX
  2. 野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI
  3. 野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)

ちなみに手数料はそれぞれ下記のとおりです。

  1. 0.2%程度
  2. 0.27%程度
  3. 0.6%程度

新興国株式の手数料がやや高いですが、1%未満ですのでこの3つのインデックスファンド(株式)で運用してみようと思います。

採用するインデックスファンド(債券)を選ぶ

つぎにインデックスファンド(債券)を選びます。

インデックスファンド(株式)のモメンタムが負の場合には、債券のファンドを保有することになります。

モメンタムウォーカーでは「短期債」とのことでした。

弊社の確定拠出年金のインデックスファンド(債券)は以下の3つです。

  1. 野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合
  2. 野村DC外国債券インデックスファンド
  3. 三菱UFJDC新興国債券インデックスファンド

確認してみたところ、いずれもデュレーション(≒残存年数)が7年以上の中・長期債券でした。

デュレーションが長くなるとボラティリティ(値動き)が大きくなります。

短期債の役割は、株式のモメンタムが悪いときに安全に資産を保管することですので、中・長期債ではその役割を果たすことができません。

採用できるインデックスファンド(債券)がありませんので、残念ですが現金で保有することにします。

モメンタムの判定方法

2018年12月14日のモメンタム判定

採用するインデックスファンド(株式)と避難先(今回は現金預金)が決まりましたので、早速モメンタムを測定します。

まずは絶対モメンタムの測定なのですが、弊社の確定拠出年金のページでは、それぞれのファンドのパフォーマンスが一度に確認できます。

このページでは1年前の数値を100とした場合の現時点の数値が確認できます。

いずれも100を下回っていますので、この時点では全てのファンドが負の絶対モメンタムを有していることになりますね。

ということで、現在保有すべきインデックスファンド(株式)はありません。

遅きに失した感はありますが、1月から現金預金へ変更します。

まとめ・確定拠出年金・デュアルモメンタム運用のルール

「確定拠出年金・デュアルモメンタム運用のルール」をまとめます。

  • 毎月末にモメンタムを判定する。
  • ルックバック期間は1年とする。
  • モメンタムが正の場合、正のモメンタムを有するインデックスファンド(株式)のなかで最もパフォーマンスのよいものを保有する。
  • モメンタムが負の場合、現金預金に切り替える。
  • 切り替えに関しては、スイッチング(これまでの積立分)、商品別配分変更(これからの積立分)のどちらも行う。

このルールに則って確定拠出年金の運用を行います。

パフォーマンスについては定期的にお知らせしていけたらと考えています。

※投資は自己責任です。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

-モメンタム
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年4月/確定拠出年金でデュアルモメンタム!モメンタム判定(4月)

さて、4月も15日になりましたのでモメンタムの判定です。 2019年4月15日のモメンタム判定 野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAIが1年前に比べて+11.15%のパフォーマ …

モメンタム投資に求めるもの

最近ADMはパフォーマンスが揮わないし、確定拠出年金でのシミュレーションも心配になる結果だったのでちょっと落ち込み気味なのですが、直近の10年以外にも調子の悪かった期間ってあるのかしら?ということでP …

モメンタム投資にも分散は有効?

別に保有するファンドを1個に限定する必要はないのだよね。目から鱗でした。弊社の確定拠出年金で再現できるかわからないけど面白そうだから調べてみよっと。米国セクターETFを使ったモメンタム戦略 https …

加速デュアルモメンタムの避難先について再考する

モメンタム投資を始めて10ヶ月あまりが経過しました。 四苦八苦しながら手探りで続けているので「まだ10ヶ月か…」という感じですが、今回は危機回避について考えてみました。 目次1 加速デュア …

デュアルモメンタムは最強の投資法!?

遅ればせながら「ウォール街のモメンタムウォーカー」を読みました。 シンプルな手法でリスクを減らし、リターンを増やすことができており、「本当か?」と思う反面、「これだけシンプルな手法なら採用したい!」と …

にほんブログ村 株ブログバナー

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村 サラリーマン投資家バナー

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

Twitter でフォロー